One's Diary

boos的AQUAな気まぐれ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勤労感謝の日

本日は国民の休日「勤労感謝の日」でしたね!
巷では4連休!って方もチラホラ要らした様ですが・・・

01[1]
この勤労感謝の日って?ま~何となくだが意味は?勤務労働者に感謝しましょう?的な感じかな・・・?と思っていましたが・・・由来は?と思い検索してみました。

勤労感謝の日の由来

勤労感謝の日、祝日法では、「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」と定めている11月23日の祝日。

勤労感謝の日は、1948年に制定されましたが、それ以前は「新嘗祭(にいなめさい/しんじょうさい)」と呼ばれる農作物に感謝の恵みを感じる日でした。

この新嘗祭は、「瑞穂の国」(古代日本の美称で稲穂のたわわに実る状態を意味する)でその最高責任者である天皇が国民を代表して、農作物の恵みに感謝する日です。新嘗とはその年収穫された新しい穀物のことをいいます。

祝日法で定めることにより、以前の農作物の恵みに感謝する日から、勤労をたっとぶ日と変更しましたが、これは、勤労の成果物が農作物だけでなく、物品や研究など、勤労で生み出される文化、精神、発展などを大きな意味をとったということらしいです。

由来はこんな感じのようです・・・元来は農作物に感謝する日だったんですね。(boosは知りませんでした 。。)

越後ニュース

<新潟水俣病>松本環境相が現地訪問 責任を認め初めて謝罪
20101124k0000m040022000p_size5[1]

松本龍環境相は23日、新潟市を訪れて新潟水俣病3、4次訴訟の原告ら被害者約30人と面会し「熊本での教訓が生かされず、被害の拡大を防止できなかったことについて改めておわび申し上げたい」と国の責任を認め謝罪した。新潟水俣病で環境相が来県しての謝罪は初めて。

新潟水俣病(第二水俣病)とは

第二水俣病(だいにみなまたびょう)は、1965年に確認された四大公害病のひとつ。熊本県の水俣病と同様の症状が確認されたためにこの名がある。新潟県阿賀野川下流域で患者が発生した事から「新潟水俣病」や「阿賀野川有機水銀中毒」とも呼ばれる。四大公害では最も発生は遅かったが、訴訟は最も早く提起された。その後、未認定患者による第二次訴訟、2004年の水俣病関西訴訟最高裁判決を受けて2007年に提起された第三次訴訟と、主なものだけで3つの裁判が起こされている。
昭和電工(→鹿瀬電工→新潟昭和)鹿瀬工場(新潟県東蒲原郡鹿瀬町、現・同郡阿賀町)でアセトアルデヒドを生産中に生成され、未処理のまま廃液として阿賀野川に排出されたメチル水銀が、川で獲れた魚介類の摂取を通じて人体に蓄積された事による有機水銀中毒。被害者の多くは阿賀野川下流の新潟市北区松浜(右岸)、東区津島屋(左岸)地域に多くみられた。

それにしても・・・1965年って・・・あと数年で半世紀ですよ!国・県・昭和電工は、何してるねん?対応に誠意が感じられませんね!


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ホネホネクロック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Yahoo!天気情報

ズーミン

PR

おすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。